家族

ワセリンが乾燥肌に潤いを与える|肌に優しい秘密の成分

  1. ホーム
  2. かぶれなどを防ぐ

かぶれなどを防ぐ

ワセリン

不純物が少ない

医薬品、健康食品、化粧品などがあります。これらは食べることもあれば、肌に塗って使うこともあります。食べ物だけが体の中に吸収されるわけではなく、塗ったものなども体に入ることがあります。ですから、十分注意しないといけません。ベビーワセリンは、赤ちゃんの肌を守るために使われます。一般的には白色ワセリンを使うことが多いですが、違いとしては何があるかです。白色ワセリンの場合、どうしても不純物が残ることがありました。敏感な赤ちゃんだと、それが原因でトラブルが生じることもありました。ベビーワセリンはより不純物を取り除くための措置を行ったワセリンです。ですから、体にとって優しい成分が中心になっています。安全に使うことが出来ます。

きれいに拭いて使う

赤ちゃんのおむつを交換するとき、当然汚れているから交換することになります。赤ちゃんはまだトイレに行くことが出来ませんから、すべておむつに出します。おむつが吸収してくれている部分もありますが、すべておむつについているわけではありません。ベビーワセリンを使うことで、おむつの蒸れやかぶれなどを防ぐことが出来ます。ですから、おむつを交換するときなどにベビーワセリンを使うこともあるでしょう。この時は、まずきれいに拭いてあげましょう。一見何もついていないように見えても、細かい汚れが付いていることがあります。それらもきちんと取ってからつけるようにします。前回に塗ったものが残っているのであれば、それもきれいに拭いて新たに塗るようにします。